銀行ローンと消費者金融、その違いはなに?

銀行のローンと消費者金融の借り入れ、その違いはなに?教えて欲しい

いざ、お金を借りようと思ったとき。いったいどこで借りたらよいのでしょうか。金利は低いに越したことはないし、取り立てが厳しかったり、借金をしたという事実が残ってしまい、のちのちの信用問題に関わってしまうのも困りものです。

融資を受けられるところとして、よく耳にするのが、銀行と消費者金融(サラ金)ではないでしょうか。銀行のローンと消費者金融からの融資、このふたつの違いとはなんでしょう?

まず、一口に銀行のローンと言っても、銀行ローンと、銀行系ローンとでは、名前は似ていますが、内容は異なります。
まず、はじめに銀行ローンから調べてみましょう。銀行ローンとは、大手都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合など、預貯金の制度のある銀行が行っている融資(ローン)のことを言います。これは借りる目的・用途別に分かれていて、住宅ローン、自動車ローンといった代表的なものから、教育ローン、ブライダル・メモリアル・出産ローンというような、人生の節目の、確かにお金がかかるものだよなあ、というシーンごとのローン設定が行われています。そして、銀行ローンで、なにより嬉しいのは、金利が低いということ。ローン利用を考えている銀行に預貯金口座があり、給与の振り込み、光熱水費などの支払いに毎回使っているなど、その銀行との長年のつきあいが考慮され、さらに金利が優遇されることもある上、銀行ならではの厳しい審査にも比較的通りやすくなるというメリットがあるようです。

では、銀行系ローンの方はどうでしょうか。こちらは、銀行が母体となったローン会社のことで、人気タレントを用いたCMなどでもお馴染み、近頃人気の高まっているローンです。内実は、銀行とローン会社のいいところ取り、という感じでしょうか。銀行が母体で、金銭的に余裕がありますから、金利は比較的低めに設定されていることが多いようです。ローン会社には今まで高利貸として培ってきたハウツーがあります。銀行が母体ではあるけれど、審査は銀行ほどは厳しくない、というのも魅力のひとつでしょう。

最後に、消費者金融についてです。こちらは、銀行のように預貯金を扱っておらず、もっぱら金貸業、融資にだけ徹します。低金利の面では、銀行、銀行系ローンに及びませんが、審査がゆるやかなことと、面倒な書類準備などの手間が入らず、初回の借り受けであれば、50万円程度までなら、審査も不要で即融資してもらえることもあります。融資の限度額に関しては銀行、銀行系に及びませんが、それほど高額の融資を希望しておらず、返済も早めに済ませることができそうなら、お勧めです。