即金貸付より低金利が大事なサラ金利用術

大事なのは、すぐ借りられることより低金利、肝に銘じるサラ金利用術

お金が必要なとき、すぐに審査に通って(あるいは審査なしで)、すぐにお金が借りられたらいいな、と思います。だいたい、突然お金が必要になるというのは、先々を見越しての蓄えがないということの証明でもあるわけです。「急な物入りだったのだから、仕方ない」と言われるかも知れませんが、用意周到な人というのは、「もしかしたら、近い将来、お金が必要になるかもしれないから、ふだんから少しずつ蓄えを持っておこう」と考えられるものなのです。「宵越しの金は持たねえ!」などと、粋な江戸っ子気取りで、パーッと豪快にお金を使ってしまうような行き当たりばったり、計画性のない生き方も、気の弱い小市民からすれば、ある意味、魅力的で憧れる部分もありますが……。

しかし、いざ、お金を借りたとなっては、わずかでも計画性を持って返済に備えておきたいもの。そう考えると、大切なのは、貸付高の多さでも、即金で用立ててくれることでもありません。金利の問題です。のちのちのことを考えれば、金利は低いに越したことはありません。返済をどんどん先延ばしにすれば、当初は低金利でも、どんどん金利が上昇してしまいます。また借りた金額が多ければ利子も多くなるのは当然。せっかく、借金をして潤ったはずの生活が、利子がかさむことによって、借金苦に喘いでしまったら……。元も子もありません。それならば、むしろ、多少の苦労をしても、お金を借りない方がよかったくらいです。

返済は、お金が用意できたらすぐ実施することが肝要です。消費者金融会社によっては、お金を借りて七日以内に完済してしまえば無利子、また、初回の借り受けに関しては、一ヶ月以内の返済なら無利子、という太っ腹なところもあります。むしろ銀行の預貯金を、時間外営業の手数料を取られておろすより、よっぽどお得ではありませんか。そのように、念入りに下調べをし、計画的な借金、及び返済を行うことで、生活はより充実したものになっていくことでしょう。